【初めての英語面接】英語だって日本語だって本質は一緒

こんにちは!

地元に引っ越してきて、英会話学校の採用に応募しました!

ほどなく面接が設定されましたが、当たり前ですが、英語で面接ですね、、、、、

今まで、英語の面接は未経験でしたので、やはり緊張しました。しかし、ここを突破しなければ次に進めません。。。

英語での面接を体験して思ったことをまとめてみましたので、これから英語の面接をする人、英会話学校などに努めたい人などの参考になれば嬉しいです。

英語で面接というだけで感じる異様な緊張感

以前、人事部で仕事をしたり、キャリアカウンセリングもしていましたので、面接には比較的慣れている方です。でも英語でとなるととても緊張するものです。

もやもやと緊張していた気持ちを分析するとこんな感じです。

1.何聞かれるんだろう
2.質問がわからなかったらどうしよう(英語だし)
3.答えられなかったらどうしよう(英語だし)
もやもやした気持ちを文字にすると意外と解決策はシンプルそうですね
面接っていうのはただでさえ緊張するものです。採用面接はもちろん転職を前提としています。人生かかってますからね!
そこに発破をかけて、英語で面接。
緊張してしまうのも当然。
ちなみに私は純ジャパ。
英語力は上級ではあるが、弱点はスピーキングで、面接となると自信がなかったのです。
聞かれることは日本語の面接と同じ
「何聞かれるんだろう」と悩んでいたのですが、どう考えても”英語だから聞かれる質問”なんて思いつきませんでしたし、実際聞かれたことは、日本語でも面接と同じことでした。
私が実際に質問されたことはこんなこと
なぜ応募したいと思ったのか
どうやって求人を見つけたか
前の仕事の退職理由
大学での専攻
トラブルが起こった時、どのように対応するか  etc…
どうでしょうか、平凡な質問ですよね、採用って日本語でも英語でも変わらないんです。
何処の国でも、採用面接では、「この人に来てほしいか」それを見極めているに過ぎないんですよね。
面接の準備は必ずするものです。
当たり前ですけど、面接の前は準備しましょう!!!
面接官は、言葉の一つ一つを聞いて、この人が会社にふさわしいか判断しています。
ちなみに、私が実際にやってよかったと思う準備はこんな感じでした。
面接で聞かれそうな質問を想定し、書き出してみましょう。
それを自分で英語にしてみる。本番で、全く同じ文章でなくても、同じような単語が使われ質問も理解できます。
その質問に対して、箇条書きでいいので、日本語でまず答えのポイントを書き出す。ここは日本語でやったほうがいいです。
いきなり英語にすると、脈略のない文章になったり、長くなりがちです。
伝えたいことを明確にする。
そこからは、そのポイントをみながら、解答をとにかくその場で独り言で話しまくる。
英語で文章を書くのは時間がかかりすぎるため、口頭英作文をおすすめします。
時間がある時、ぶつぶつと面接をイメージしながらやってみてください。